2009年08月05日

イラン、反欧米路線を強調

イラン、反欧米路線を強調 大統領宣誓式

 【テヘラン=吉武祐】イランのアフマディネジャド大統領が5日、国会で2期目の就任宣誓式に臨んだ。選挙後の混乱で政権の正統性に疑問の声が上がる中で、英独仏の首脳が再選への祝辞を控えたことに反発し、「我々は(欧米の)傲慢(ごうまん)に立ち向かい、新しい世界秩序の形成に役割を果たす」と表明。欧米との対決路線の継続を鮮明にした。 >>続きを読む

 大統領は就任宣誓後の演説で「イランは国際社会と対話する用意があるが、非礼や侮辱は受け入れられない」と発言。さらに「新しい政府を祝福しない西側の国(英独仏など)がある。(そのような国からの)祝辞など、イランでは誰も欲しがってはいない」と不快感をあらわにした。

posted by hitendrunwon at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

10円賭けて少年10人有罪 インドネシア

10円賭けて少年10人有罪 インドネシア、厳罰に批判

 【ジャカルタ=矢野英基】インドネシアの首都ジャカルタ郊外にあるスカルノ・ハッタ空港で、千ルピア(約10円)の賭けゲームをした10代の少年10人が賭博容疑で警察に逮捕され、有罪判決が下った。弁護側や人権団体は「単なる遊びなのに厳しすぎる」と反発し、警察や司法機関に批判が集まっている。 >>続きを読む

 少年たちは警官に銃を突きつけられたり、けられたりした後、成人と同じ施設で約30日勾留(こうりゅう)されたという。判決公判には顔を隠すために手製の仮面をつけて出廷。弁護人は「千ルピアのゲームが賭博といえるのか。少年たちは精神的に大きな傷を受け、将来就職もできない」と、まったくなんてことだ!

posted by hitendrunwon at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

蒋介石の名誉回復

蒋介石の名誉回復 「中正紀年堂」の名称復活

【台北=山本勲】故蒋介石元総統をたたえる「中正紀念堂」の名称が20日、復活した。同紀念堂は陳水扁・前民進党政権時代の2007年5月、「国立台湾民主紀念館」と改名された。しかし馬英九・国民党政権発足後の今年1月に立法院(国会)で名称を元に戻すことが決まり、20日扁額の掛け替え工事が完了した。>>続きを読む

 中正紀念堂は故宮博物院などと並ぶ台北市の名所の一つ。蒋介石総統の長男、蒋経国氏が総統時代の1980年に完成、父の実名である「中正」を紀念堂の名称としたらしい。

posted by hitendrunwon at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。