2009年12月01日

発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見 高松塚古墳

高松塚古墳:発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見

 奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末〜8世紀初め)の石室内などを73〜74年に撮影した8ミリカラーフィルムが見つかり、文化庁が30日、DVDを製作したと発表した。72年の発掘調査で「飛鳥美人」の極彩色壁画が見つかり、写真は多数残っているが、発掘間もない石室内の映像は同庁になかった。今後、一般公開を検討する。>>続きを読む

 フィルムは今年2月、奈良文化財研究所都城発掘調査部(同県橿原市)で見つかった。73年10月〜74年8月ごろの調査風景などが14本に約40分間、音声なしで撮影されていた。撮影順に編集し、映っている人物を特定し31分間をDVD化した。

posted by hitendrunwon at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134410892
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。