2009年09月21日

淡水魚「イタセンパラ」放流

淡水魚「イタセンパラ」放流 国交省が大阪・淀川へ

 絶滅の危機にひんする国の天然記念物の淡水魚「イタセンパラ」を人工繁殖させ、かつて一大繁殖地だった大阪府の淀川流域に戻す計画を進めている国土交通省などは、11月までに成魚を放流する。マニアや業者による密漁を防ぐため、詳しい時期や場所、放流数は公表しない。>>続きを読む

 なぜ、国土交通省なのでしょう?

posted by hitendrunwon at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128559221
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。