2009年07月30日

札幌市時計台、「機械遺産」に

札幌市時計台、「機械遺産」に 128歳、今も現役

 日本機械学会は国内に現存し、歴史的に意義のある「機械遺産」として、北海道の観光名所になっている札幌市時計台の時計装置など6件を新たに選んだ。8月7日の「機械の日」に東京都江東区の芝浦工業大豊洲キャンパスで認定式を行う。 >>続きを読む

 札幌市時計台は明治期の1878年に札幌農学校の「演武場」として建設された。当初は小さな鐘楼(しょうろう)がついていたが、1881年に改修されて時計が設置された。同学会は「設置当初の機構が現在も稼働しているという点で、時計塔の機構部としては国内現存最古といえる」と評価したという。

posted by hitendrunwon at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。