2009年06月29日

太陽系で最もつめたい星は・・・

【NASAからのおくりもの】太陽系で最もつめたい星は最も謎に満ちた星

1988年8月24日にボイジャー2号(Voyager 2)

によって撮影されたトリトンの南半球部分

ハッブルやチャンドラといった高精度の宇宙望遠鏡のおかげで、はるか彼方の星団や銀河、ブラックホールらしき天体すら捉えられるようになり、人類にとって宇宙はずいぶん近くなったような気がする。>>続きを読む

 思い出せば、ボイジャーのおかげでたくさんのことが発見されましたが、また多くの謎も生み出したようですね。日本も「かぐや」のように、高画質を駆使した衛星を遠い星にどんどん飛ばして欲しいなぁ〜

posted by hitendrunwon at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122528895
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。